にまこのぶろぐ

にまこのぶろぐ      

*30代美容好き独女のシンプル&ミニマルライフ*          

徐々にノーファンデ化計画・実践編その3*メイクアイテムは3つ!究極のシンプルメイクへ

スポンサーリンク

ノーファンデの生活って、楽そう。肌にもいいみたいだし、やってみたいけど迷うなー。ノーファンデで本当に耐えられるかわからないし、そのための専用のコスメ買って無駄になったら嫌だな・・。

じゃあ、お金をかけずに、徐々に慣らしていけばいいんじゃないかな? 完全にノーファンデが厳しければ、徐々にアイテムを減らしていって自分に合うところを探せば良いと思うよ!

  

 

 

「ノーファンデ生活にしたいけれど、一気にメイクを止めて外に出るのが厳しい」という方へオススメの、

段階&アイテム別「徐々にノーファンデ化計画」のご紹介です。

 

この記事は実践編その3、最終回です。

前回からの記事を参考にしてくださっている方が、

ついに「完全にノーファンデ化」していくために、

アイテムを減らし、考え方を変えていきます。

 

ファンデをやめたいと思いつつ、

なかなか思い切れない方はぜひ読んで、断捨離してみてくださいね。

f:id:daradaranimako:20190321125906j:plain

 

 

※基礎編では、ノーファンデのメリットや継続するための考え方をまとめています!

読み進める前にぜひどうぞ♡

www.nimako.work

 

※前々回と前回の実践編では、ベース、リキッドファンデ、コンシーラー、ハイライト、チーク、アイメイクなどを「ノーファンデメイク」に合うよう断捨離&変更してきました!こちらを読むとこの記事が読みやすくなります。 

www.nimako.work

www.nimako.work

 

*徐々にノーファンデ化、できていますか?

 

ここまでシリーズで「徐々にノーファンデ化していく方法」

まとめてきていますが、

読んで実践してくださっている方、肌の調子はどうですか?

ちょっと振り返ってみましょう!

 

まず、もともとのメイクの流れとしては

変更前

スキンケア→リキッドベース→コンシーラー→ファンデ→ハイライト・チーク→ポイントメイク

 という感じでしたよね(個人差あり)。

 

ここまでの「徐々にノーファンデ化」で、アイテムを断捨離or変更してきました。

 

断捨離できた方はこんな感じです。

 変更後

スキンケア→パウダーファンデ→パウダーチーク→ポイントメイク

 

断捨離ではなく、アイテム変更してきた方も、こんな感じでしょうか。

 変更後

スキンケア→(パウダーベース・コンシーラー)→パウダーファンデ→パウダーチーク→ポイントメイク

 

十分シンプルになっている感じですね!

 

当然、これだけのシンプルなメイクであれば、

石鹸で落ちるから、クレンジング剤は断捨離済

 であってほしい・・・・!(これが結構肌ダメージ強いので・・・)

 

クレンジングによる肌のダメージは大きいですので、

ぜひこの機会にやめて、肌を壊すのではなく守る方法にシフトしましょう。

 

 

*ついに、ファンデをやめよう

 

さて、シリーズで書いてきた「徐々にノーファンデ化計画」ですが、

いよいよ最終ターンです。

 

ここまで徐々にアイテムを減らし、クレンジング不要のものに変更してきた

あなたのお肌は、

・肌にのせるコスメはパウダー状のもの→肌を痛めない

・クレンジングが不要になっている→肌を壊さない

 という状況になっているはずです。

 

つまり、ここまでこれば、肌へのダメージはかなり減っていて、

続けてさえいれば、放っておいても

「肌のターンオーバーによって、自然に綺麗な肌になっていく」

状態になっています。

 

元の肌が荒れすぎていて、まだまだ綺麗な肌なんて先の先だ・・。

という方は、無理してここでファンデをやめる必要はありません。

このままでも、十分今までよりは良くなっているはずです。

 

ですが、ここで思い切って「ファンデやめてみよう!」という方は、

このタイミングでやめてしまいましょう。

 

ただファンデをやめる、というのには、気をつけて欲しい点がいくつかあります。 

・ファンデをやめても必ず紫外線対策はする

・ファンデをやめた肌に対するストレスは持たない

 この2つです。

それぞれ解説していきます。

 

 

*注意点1:ノーファンデでも紫外線対策は必ずしよう

 

肌を痛める原因はいくつかありますが、

その中でも最たるものは「紫外線によるダメージ」です。

 

アンチエイジング的視点から言っても、

将来シミの可能性になる紫外線は極力浴びずにいたいですよね・・・!

 

ノーファンデにすることで、

今までファンデーションでカットしていた紫外線を

浴びてしまうようなことは避けたいですね。

 

なので、単純にパウダーファンデをやめるのではなく、

「日焼け止め」をプラスしていきましょう。

 

コスメを断捨離してきましたが、ここで初めての「足す」作業です。

 

とは言っても、日焼け止めも液体のものが主流。

しかもほとんどクレンジングが必要で、

ここで液体の日焼け止めをメイクアイテムに入れてしまえば、

結局クレンジングが必要になり、

そうなると

「どうせクレンジングするんだったらカバー力の高いリキッドファンデ使おう」

計画自体が降り出しに戻ってしまいます・・

 

そこで、ご提案したいのは

「パウダータイプの日焼け止め」

または

「日焼け止めも兼ねたルースパウダー」

をファンデ代わりに肌にのせることです。

 

私が使っていて、超おすすめなのはこれです。

日焼け止め効果もしっかりある上、細かいラメが入っていて

ファンデなしの肌をツヤツヤに見せてくれる透明パウダーです。

 保湿後に直接はたいても問題なしです。

 

これでメイクの手順としては、一番少なく肌に優しいものになりました。

ノーファンデ化の最終形態です。

 変更後

スキンケア→日焼け止め→パウダーチーク→ポイントメイク

 

リキッドに比べると種類は多くないですが、パウダータイプの日焼け止めも

いくつか販売されています。

自分に合うものを探してみてくださいね〜!

 

 

*注意点2:ノーストレスなノーファンデ生活

 

最後に、ノーファンデでいることに対するストレス対策のお話です。

これまで書いてきた通り、ノーファンデでいることは

自分の肌を守り、自然に綺麗になっていく方法を実践することです。

 

しかし、これまでバッチリしっかりメイクで過ごしてきた方にとっては、

徐々にとはいえ、メイクを薄くしていくことにストレスがかかったかもしれません。

 

肌にはストレスが少なくなっているのですが、

精神的にはストレスが多くなっているという逆比例・・。

これでは、精神的ストレスにより肌荒れを助長しかねません。

 

ですので、

ノーファンデ化していくにあたって、

この記事では「徐々に」やる方法を提案しています。

最後までやらなくても、

途中のどの段階で止めても十分肌ダメージを減らせるようになっています。

 

もちろん、最後まで行けば一番肌ダメージを少なくはできますが、

それにより毎日が楽しくなくなってしまっては元も子もありません。

 

ですから、自分にとって一番良いノーファンデ化計画の段階を探ってみてください。

 

そして、このシリーズの一番最初でも書いたように、

「他人はあなたがファンデ塗っていようが、塗っていまいがそんなに気にしていない」のが世間の大前提です。

 

他人の目は気にせずに、自分のちょっと先の未来の肌のために。

少しずつ、肌に優しい「徐々にノーファンデ化」してみてくださいね。

 

以上で、「徐々にノーファンデ化計画シリーズ」終わります。このブログでは、実際にノーファンデ生活をしている私のスキンケアや美容法について書いています。他の記事も読んでみてくださいね♡

 

*徐々にノーファンデ化していくためのシリーズ

この記事は「実践編その3・最終回」ということで、

ファンデをやめて、気持ちよく過ごすための方法についてまとめました。

 

他にも、どうやってノーファンデへ移行していくのか、

いくつかの記事でまとめています。

よければぜひ順番にどうぞ♡

 

①基礎編

ノーファンデ生活のメリットやノーファンデ化計画のためのモチベーションを高めるお話です。

www.nimako.work

 

②実践編その1

実践編その1では、リキッドファンデの肌への影響やベースコスメの断捨離をしました。

www.nimako.work

 

③実践編その2 

www.nimako.work

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村