にまこのぶろぐ

にまこのぶろぐ      

*30代美容好き独女のシンプル&ミニマルライフ*          

30代、ニートになる宣言

スポンサーリンク

f:id:daradaranimako:20190612100113j:image

かねてから考えていた退職の意思を、そろそろ上司に伝えようと思う。

 

といっても直属の上司になので、面談でサラッと言うだけであるが・・これが言うとなると、なかなか緊張するもので、まだタイミングを掴めずにいる。

 

「あの、ちょっとお話、いいですか」の一言がなかなか言えなくて・・・。

我ながら小心者だと思います。

 

 

引き抜きの話をもらっていることは以前このブログにも書いたが、まだそちらも未定。誘ってくれてはいるけれど、そしてこちらも好意的な返事をしているけれど、まだ確約には至っていない感じ。

 

つまり、今回の場合は、

「転職」ではなく、ただの「退職」の希望。

 

ちょっと面白い言い方をすれば、

私ニートになります、ということを上司に伝えなければいけないわけで。

 

この言葉を言った後の、上司の表情を想像すると、恐ろしくなる・・。

と同時に、一体どんな顔をするのか見てみたい好奇心も湧く。

 

真面目で恐い上司。いつもポーカーフェイスだから、どんな反応をするんだろう?

 

とはいえ、

30代で無職になる、ということは、特段珍しいことではないと思う。

 

たとえば結婚して子供が産まれ、家庭に入る場合の退職。

フリーランスになるための退職。

老齢の両親を介護するための退職。

 

いろいろ可能性は考えられるし、そういった理由で退職してきた人たちを見てきた。

 

けれど、いざ自分が、と思うとなかなか煮え切らない。不安になる。

 

世界規模でみれば、30代で企業に属さず暮らしている人たちはものすごい数いるだろう。

 

だけど、この日本の小さな企業の中で働いていると、視野がどうしても狭くなってしまう。

 

会社の中というのは、なんだか小さいシェルターのようで。

 

安定がいちばん、

仕事はつまらなくても我慢、

毎日朝起きて定時までしっかり仕事、

上司の顔色が全て、

そんな狭くてつまらないけど安定した、安全な世界。

 

そこにどっぷり浸かっていて、

出ることなんてつい数ヶ月前までは考えられなかったけれど。

 

愚痴を言って、自分のやりたいことができないのを上司のせいや会社のせい→他人のせい、にし続けていることに嫌気がさしました。

なんかカッコ悪いなあと。

 

まあそれ以外の小さい不満はあるけれど、それは大した問題じゃなくて。

 

自分自身の人生、という観点でじっくり会社員生活を振り返ってみると、なんか違うなあ・・と思ったのです。

 

もっと厳しい、ギリギリのラインに立って初めて、生きてる!って感じがするのかもしれない。

 

30代で気づくのは社会一般的には遅いかもしれないけど。

人生100年時代、30代から人生の方向を大きく変えても全然問題ないと思うの。

 

というわけで、近々、思い切って言ってみようと思います。

 

「会社辞めて、ニートになります。」

 

新しい船出。無職。

不安と興奮が混じったカオスな気持ちです。

わくわく!!!