にまこのぶろぐ

にまこのぶろぐ      

*30代美容好き独女のシンプル&ミニマルライフ*          

退職の申し出。緊張の戦い

スポンサーリンク

f:id:daradaranimako:20190613103332j:image

昨日、会社を退職しニートになる宣言をした。思い立ったが吉日(決断したという意味)ということで、早速上司に面談を申し出た。

 

正午からアポが取れ、会議室に。

 

午前中から、いやなんなら前日の夜から胃が痛む。リアルに戦い(上司への退職申し出の意味)を想像すると動悸も。

小心者なんです。

 

ちなみに正午からだったので、胃がキリキリ痛む中お昼ご飯を早めに食べた。大好きなお蕎麦屋さん。

いつもは優しい味だと感じるけれど、昨日はなんだか棘のあるように感じた・・・。

といいつつも完食。ふー。

 

緊張でモノが食べれない、と食事を抜くタイプの人もいるけれど、私は断然、食べる派。

 

お腹がいっぱいにならないと底から力が出ない。何かあった時に踏ん張れないと思うのです。

それに、お腹いっぱいになると頭がボーっとして、一瞬緊張を紛らわせるしね・・・。

 

さて時刻ぴったり、

会議室にやってきた上司は、私が退職を申し出ることは全く予想していない様子。

とはいえ、全く察していないわけではなく。

私になにか不満があって、その話でも聞きに来た・・と言った様子の表情。

 

私の上司は、悪い人じゃない。

 

部下の話を聞く時間をこうやって取ってくれるし、一対一で話すとなかなか寄り添ってくれているように感じる。

 

いわゆるTHE・日本の上司!という感じで、宴席大好き、慕ってくれる部下大好き、上下関係大好き、な人。

 

私はそれが合わなくて、飲みに誘われても断っていたけど、でも悪い人ではなかった。

 

 

「で、どうしたの?」

と聞かれる。

 

あまり深刻にすると長引いてしまうので、ちょっと食い気味くらいに答えた。

「退職をしたいと思います。」

 

あっ、と思う。

「迷っている素振りを見せるのはNG」と、直前に見た「スムーズな退職の切り出し方」のWEBページに書いてあったことを思い出したからだ。

こういうのをチマチマ見るあたりが弱虫ですね。

 

「ぁの・・・、きめました」

 

何をキメたのかというほどちっさい声で、決めたという意志を追加で呟いた。

我ながら変。

 

「そうかあー」

と、笑って困ったような表情の上司。

 

そのあとは、いつから考えてたの、とか、この後どうするの、とか軽く一通りのことを聞かれた。

 

あまり理由を詮索するのはNG、とサイトには書いてあったけど、こちらが想定して用意していた程度の質問をされた。

 

私も事を荒立てないように、まあ想定されるような差し障りのない事を答える。

 

まあ辞める人間と、コアな話をしてもしょうがないので、こういう表面的な話になるんでしょう。

 

幸い無理な引き留めもされず、直属上司との面談は終わった。

 

まだ細かな調整や引き継ぎはあるけれど、それはこの先やっていけばいいわけで。

 

会議室を出て自分のデスクに。

とたんに全身、止まっていた血が流れるのがわかる。

戦いは終わった!

 

肩から全身力がぬけ、ホーーッとした午後でした。

 

そして仕事の合間に思い出すのはこの会社での良かったこと。

悲しいとか、悔しい体験もたくさんあったはずなのに、自分から去るという申し訳無さもあってか、なんだか全部が良い想い出に書き換えられてきたぞ。

人間の記憶なんて信用ならないモンですね。

 

言う前は不安いっぱい、

言った後は感謝いっぱい。

 

兎にも角にも、

これで晴れてニート。

お疲れさんでした。